回線とプロバイダーの違いとは?

光回線でインターネットを楽しむためには回線契約とプロバイダー契約が必要になります。

今では光回線の代理店の存在によって回線契約とプロバイダー契約を同時に行うことができます。

ところで回線とプロバイダーについてあまり理解していない人が多いので紹介していきたいと思います。

光ファイバーは回線業者が引き込む

光回線でインターネットに接続するためには光ファイバーを自宅に引きこまなくてはいけません。

その光ファイバーを引き込んだりと管理しているのが回線業者になります。フレッツ光ならNTTが回線業者ということになります。

もちろん他にもKDDIなどがあります。とにかく回線業者というのは光ファイバーを管理している業者ということになります。

プロバイダーとは

プロバイダーとはインターネット接続業者のことを指します。

そのため回線業者と契約するだけではインターネットには接続されないということです。

必ずプロバイダー契約も結ばなくてはいけません。プロバイダーとはBIGLOBEやNIFTYやYAHOOBBなどがプロバイダーになります。

聞いたことがあると思いますがそれらに契約することになります。プロバイダーごとにサービスや料金が違うのでよく比較して選んでいきましょう。

このページの先頭へ