光回線の対応エリアの調べ方

光回線に契約する前に対応エリアを調べておく

光回線に契約する前に光回線の対応エリアを調べておきましょう。

現在では光回線の対応エリアは90%を超えていますが、光回線の対応エリアではない場所も存在しまうすので確認しておく必要があります。

特に田舎に住んでいる人は要チェックです。

対応エリアの調べ方

光回線の対応エリアは回線業者によって違ってきます。つまりフレッツ光とauひかりでは対応エリアが違うということです。

フレッツ光などはNTTが提供しているためほとんどの場所でフレッツ光を利用することができます。しかしauひかりはフレッツ光よりも狭いエリアが対応エリアとなっています。

光回線の対応エリアを調べる際には回線業者のサイト内にて簡単に確認することができます。よく分からない場合は直接問い合わせてみると早いかもしれません。

対応エリアじゃなかった場合

光回線の対応エリアでなかった場合は残念ながらあきらめるしかりません。

しかし今後も光回線のエリアは随時拡大していますのでそのうち光回線が使えるようになるでしょう。

対応エリアでも使えない場合もある

住んでいる地域が光回線の対応エリアだった場合でも光回線が使えないということもあります。

光回線は自宅近くの電柱から自宅に引き込まれます。

しかし自宅近くに電柱がないという家ではもしかしたら光回線を利用することができない場合があります。

電柱がない人はあらかじめ回線業者に連絡して、開通できるのか問い合わせてみましょう。

このページの先頭へ